サマーリーグ2024参加選手募集中

サマーリーグ現地レポート – 中村壮宗選手

皆さん、こんにちは!

2024年アメリカ🇺🇸サマーリーグもあっという間に前半戦を終え、それに伴い各選手にこれまでの話を伺いました。

第1弾はアイダホ州カルデウェル市のソートゥースソックアイズに属する中村壮宗選手(投手)です!

ここまでの野球はどうですか?

とても楽しくできています。最初にチームに合流した時は、日本人全開で周りの人と話すこと自体をとても警戒していたり、言葉がどうせ通じないからと思ってしまい、自分からコミュニケーション取ることをしませんでした。しかし、アメリカの人たちは驚くほどフレンドリーで、握手をして肩を叩きハグをすればそれだけで友達になれることに驚きました。そこからはいろんな人に自分から話しかけて交流できています。

個人成績は序盤はなんとか抑えていましたが、ボールやマウンドなどの様々な日本の野球とは違ったものに対応できない部分あり失点してしまった時もありましたが、チームメイト達の力もあり直近の試合では0点で抑えることができています。さらに点差が開くとピッチャーが守備に出たり打席に立ったりするので個人成績なのですが、5.6年ぶりに打席に立って打点を記録したり、ショートやレフトを守ったりしてとても刺激的な日々を送っています。

チームの雰囲気はどうですか?

チームの成績は前半戦が終わって20試合近く消化したのですが、まだ2敗しかしていません。とても強いチームだなと個人的に思うと同時にこんなチームで野球ができていることを非常に嬉しく思います。個々の力でも身体能力が高い選手や打てばめちゃくちゃ飛んでいったり、投げる球は荒々しいですが、とてつもなく速い選手も多くいてしかも、皆若いので今後どうなるかと思うと恐ろしい選手ばかりです。また、首脳陣と選手の距離がとても近く、日本と比べてコミュニケーションが多く取れている印象です。日本では相談できないことをアメリカでは普通に相談したり一緒に遊んだりしています。

野球以外の生活はどうですか?

アメリカでの生活は初めての事がほとんどなので、一週間が一ヶ月ぐらいの時間を過ごしてる感覚です。道は広く、スーパーなどのお店は大きく、色のついた飲み物やエナジードリンクの種類が尋常じゃないぐらいあったりしてこんなにたくさんの日本とは違った文化に触れることができてとても面白いです。チームメイトとの交流もできていて、練習や試合前に「ハーキーサック」という遊びがあるのですが、それをやったりみんなでご飯を食べに行ったり、僕が知らないアメリカのことをたくさん教えてくれるので面白いです。ホストファミリーもとても優しく、スーパーに行った時は好きなものを好きなだけ買っていいといってもらい買っていただきました。

後半戦に向けて意気込みを下さい。

後半戦に向けて徐々に調子が上がってきているのでこの調子でチームの戦力として戦っていきたいです。前半戦ではマウンドでの気持ちの割り切りやガツッといくことができませんでしたが、後半戦はそこを改善していき、日本の野球とアメリカのベースボールの違いや両国共にある良さを肌で感じて終わる時に後悔のないように後半戦頑張っていきたいです。

チーム成績

23試合21勝2敗

個人成績

試合数5
先発数0
イニング数9
勝敗0勝0敗
防御率8.00
奪三振数10
与四死球9

勢いに乗るチームで奮闘している中村選手。チームにも溶け込んでいるようで、6月の試合ではアメリカ野球ファンの愛唱歌になっているTake Me Out to the Ball Game(私を野球に連れて行って)を試合間にファンの前で披露したりと楽しんでいるようです。

引き続き中村選手への温かいご支援ご声援を宜しくお願い申し上げます❗️

応援メッセージはXで!
#アジアンブリーズ を忘れずに!

Changing Lives !!

Asian Breeze

シェアはこちらから
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次